未経験者でも始めることができる不動産投資を始めよう

住宅賃貸の事ならご相談ください

人気の投資

不動産投資には、メリットばかりでなく、リスクもある点を理解する

このところ、不動産価格に反転の兆しが見られます。他方、副収入や老後の生活資金確保の手段として、不動産投資を検討している人もいると思います。そのような人の中には、地価に反転の兆候が見られるこの機会こそ、開始時期と捉えている人も多いのではないでしょうか。実際、不動産投資には、安定的な収入が見込まれる点や、物件を購入する際に、住宅ローンを利用した場合などには、節税効果が期待できるなど、様々なメリットがあります。ただし、不動産投資には、利点ばかりではなく、いろいろなリスクや費用など、デメリットも存在します。したがって、不動産投資を検討する際には、こうしたデメリットについて、事前に、よく理解しておく必要があります。

投資を行う際の、様々なデメリットについて

まず、不動産には、価格変動リスクがあります。物件は、老朽化によって価値が低下します。また、土地の価格も変動します。何等かの事情で、物件を売却する必要に迫られた際、価格が上昇していれば、利益につながる半面、下落していれば、損失を被る可能性もあります。また、いわゆる、空室リスクがあります。家賃収入の獲得を目指して始めたものの、賃借人がなかなか見付からない、などという事態もあり得るワケです。また、修繕費の問題もあります。物件は古くなれば、修繕が必要です。放置すれば、空室率上昇の一因となる可能性もあります。このほか、金利上昇リスクも念頭に入れておく必要があるでしょう。物件購入の際、金融機関からの借入を変動型で行った場合、返済金利の上昇が、家賃収入を上回ってしまう場合もあり得ます。不動産投資を行う際には、こうしたリスクについて、よく理解し、失敗しないようにしましょう。

最適な物件を探そう

賃貸物件にはアパートやマンションなどがありますが、そのどちらも不動産会社を仲介にして借りる必要があります。実際に店舗まで足を運ばなくても、簡易的な情報はインターネットで見ることが可能です。

詳細を確認する

継続して住む

賃貸物件を借りる際は、最初で期間を決めて契約を行ないます。しかし、契約期限が来たとしても、更新手続きを行なうことによって、そのまま継続して住むことが可能です。その時発生する細かい費用をしっかり把握しておきましょう。

詳細を確認する

価格を把握する

住宅を購入する際は、一般的にローンを組むことになります。不動産物件は多額なので数十年のローンを組むことが必要となるのですが、一戸建ての場合はかなり価格が高いので、ローンの平均は20年から35年ほどとなっています。

詳細を確認する

価格の変動

賃貸マンションというと価格がかなり高いというイメージが強いかもしれませんが、現在では一切そのようなことはありません。低価格でもセキュリティーに優れた物件は多いのです。

詳細を確認する